03-6812-6951

営業時間:
10:00〜20:00
定休日:
無し

東京都の収益物件|株式会社Mirai Arc > 株式会社Mirai Arcのスタッフブログ一覧 > 空室対策で安定した賃貸経営をしよう!付加価値を付ける有効策などをご紹介

空室対策で安定した賃貸経営をしよう!付加価値を付ける有効策などをご紹介

≪ 前へ|ペット可賃貸物件とは?不動産投資のメリットや注意点を解説!   記事一覧   賃貸物件にもEV充電設備が必要な時代!メリットや導入方法などもご紹介|次へ ≫

空室対策で安定した賃貸経営をしよう!付加価値を付ける有効策などをご紹介

空室対策で安定した賃貸経営をしよう!付加価値を付ける有効策などをご紹介

安定した賃貸経営のためにも、できるだけ回避したいのが空室です。
入居者が退去した場合も、空室の期間を短くするために有効な対策があります。
今回は、物件の第一印象をアップしたり、付加価値を向上させたりなど、さまざまな角度から取り組める空室対策をご紹介します。
空室にお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸経営する物件の第一印象を良くする空室対策とは?

賃貸経営する物件の第一印象を良くする空室対策とは?

賃貸経営している物件をより魅力的に見せる工夫は、お部屋探しをしている方の印象を良くすることにつながります。
まずは、物件の第一印象をアップする空室対策から見ていきましょう。
第一印象の良い物件は、内覧や入居の意欲を喚起しやすく、賃貸経営における有効な空室対策になります。

質の高いマイソクをつくろう!

マイソクとは、物件の図面や写真が掲載された入居者募集用の宣伝媒体のことです。
賃貸物件の住宅の仲介をおこなう不動産会社の店頭で、物件の募集図面が貼られているのを見かけられた方も多いのではないでしょうか。
マイソクはほかにも、折込みチラシなどにも掲載されます。
不動産会社間で活用する不動産情報のネットワークシステム「レインズ」に掲載することもできます。
このように、入居者募集をしていることを伝えるツールとして広く使用されているのがマイソクです。
お部屋探しをしている方からすると、最初に目にすることもある宣伝媒体になります。
そのため、物件の魅力がわかりやすくまとめられたマイソクは、第一印象を良くすることにつながるでしょう。
内覧をしたいと思わせるような質の高いマイソクを用意するには、いくつかポイントがあります。
たとえば、物件ごとのアピールポイントは、できるだけ具体的に明記することです。
ペット可も場合など、ターゲットが明確になるポイントを書くのも良いでしょう。
また写真は魅力的に撮影されたものを用意し、大きく扱うのがおすすめです。

ホームステージングで魅力的に演出しよう

内覧者の第一印象を良くする取り組みは、空室対策として有効です。
ホームステージングでは室内におしゃれな小物や家具、観葉植物などを搬入し、モデルルームのように演出します。
実際にインテリアなどを配置して演出された空間は、内覧時の物件の第一印象を向上させます。
内覧者が素敵に演出された住空間を目の前にすることで、入居後の暮らしをリアルに想像してもらいやすくなることも利点です。
内覧で訪れたときの第一印象が良いと、入居のモチベーションアップにつながります。

換気・照明で第一印象を良くしよう

賃貸経営している物件の第一印象を良いものにするには、空室時でも照明を外さないようにしましょう。
内覧希望は、いつ入るかわかりません。
もし夜や天候が悪いときの内覧となっても、照明があれば、室内は明るい第一印象となります。
とくに、賃貸経営している物件がファミリー向けの場合は、全室に照明を設置しておくことがポイントです。
また、第一印象のために気を付けたいのが換気です。
空室が続いていても、排気口のにおいなどがこもっていないように内覧前に換気します。
好印象の物件となる工夫に取り組むことが空室対策となり、安定した賃貸経営につながるでしょう。

賃貸経営をする物件に付加価値をつける空室対策をご紹介

賃貸経営をする物件に付加価値をつける空室対策をご紹介

空室対策をおこなうときに、注力したいポイントのひとつが付加価値です。
賃貸経営をする際に付加価値をつけることは、同じような条件や家賃の競合物件との差別化につながります。
ここでは、賃貸経営をする方が押さえておきたい付加価値を高める空室対策をご紹介します。

築年数を経た物件にも有用なリフォーム

賃貸経営をする際、付加価値を付ける手段としてリフォームも有効です。
たとえば、築年数を経た物件など、新築や築浅の競合物件に見劣りのしない付加価値をつけることが大切です。
費用がかかるものの、リフォームは資産価値も高めることにもつながります。
中長期的な視野で検討し、安定した賃貸経営のために取り組むのも良いでしょう。
新しい設備を採用したり、間取りを変更したりなど、新しい付加価値により物件の魅力が向上します。

宅配ボックスの設置

近年、人気の設備といえば宅配ボックスが挙げられます。
賃貸経営をされる方が空室対策として宅配ボックスを採用されるケースも珍しくありません。
ちなみに、宅配ボックスにはいくつかの種類があります。
たとえば、暗証番号で施錠や解錠をする機械式と呼ばれるものであれば、電気工事もいらず比較的設置がしやすいでしょう。
通販や置き配も普及してきたなかで、利便性に富んだ宅配ボックスの導入は入居者に喜ばれる付加価値となります。

入居者専用のインターネットWi-Fiを導入する

賃貸経営で付加価値を高めたいときに有効なのが、入居者専用のWi-Fiの導入です。
空室対策をおこないたい物件が、ファミリータイプであっても、単身者向けであっても適した施策です。
たとえば、入居者募集の広告を出す場合でも、「専用Wi-Fiをご提供しています」など付加価値としてアピールすることができるでしょう。
また、Wi-Fiの導入は入居者に多数のメリットを提供できます。
Wi-Fiがあると入居当日からインターネットが使え、さらに無料で提供する場合には通信費の大幅な節約も可能です。
入居者のプライバシーについては、プライバシーセパレーター機能で保護することができます。
入居者のメリットとなる付加価値は、物件の集客力を高めるため空室対策としておすすめです。

賃貸経営で押さえておきたい!条件を変更する空室対策を解説

賃貸経営で押さえておきたい!条件を変更する空室対策を解説

賃貸経営をするなかで、入居の条件を見直すことが空室対策になる場合もあります。
条件を見直すことで、入居の対象が増えれば、入居者が決まる可能性も高まるでしょう。

敷金など初期費用の条件を見直す

入居者にとって、引っ越しをするときにはさまざまな費用負担が発生します。
そのため、敷金や礼金などの初期費用が抑えられる物件は魅力となります。
入居者をあらたに募集する場合には、敷金の無料化などが有効でしょう。
もしすでにいる入居者の退去を防ぐなら、更新料を見直したり、無料にしたりするのも手です。

相場より家賃が高い場合

空室が長引くときの理由として、相場よりも家賃が高いケースが挙げられます。
お部屋探しをしている方は、内覧の前に、家賃などの条件で検討する物件を絞っていることも少なくありません。
賃貸経営している物件が魅力的でも、相場からかけ離れた家賃であった場合には検討候補からはずれてしまい、結果的に空室が長引くケースがあるのです。
そのため、相場にあった適正な家賃にするというのも空室対策になります。
なお、相場よりも著しく高いといった理由がない場合には、家賃の見直しは慎重になることが大切です。
一度安くすると、再び家賃を上げることは難しいためです。

入居の受け入れを緩和する

入居のターゲット層を考慮し、受け入れの条件を緩和することも空室対策のひとつになります。
たとえば、外国人や高齢者は今後人口が増えることが見込まれています。
また、ペット飼育を希望される方や、室内で楽器演奏を希望される方もいらっしゃるでしょう。
ターゲット層の条件を広げて募集すると、空室が解消される可能性が高まります。
ニーズをとらえた条件の見直しや緩和は、安定した賃貸経営にもつながるでしょう。

まとめ

賃貸経営をする際に取り組める空室対策には、さまざまなものがあります。
内覧での第一印象をアップしたり、リフォームで付加価値をつけたりする以外にも、入居条件の見直しなども有効な手立てです。
賃貸経営される物件の特徴などにあわせて、適した空室対策に取り組みましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ペット可賃貸物件とは?不動産投資のメリットや注意点を解説!   記事一覧   賃貸物件にもEV充電設備が必要な時代!メリットや導入方法などもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社Mirai Arc
    • 〒108-0022
    • 東京都港区海岸3丁目24-17
      SUZUSAWAビル3階
    • TEL/03-6812-6951
    • FAX/03-6734-0569
    • 東京都知事 (1) 第107099号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約